« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月

2008年2月 7日 (木)

吹田ゲリラ

■刑務所から脱走。バスをジャックし、一人でどこまでも走る。終点は最果ての地のような草原地帯で何もない。何故か韓国らしい。バス停の名前は「白ばら病院前」。病院はなかった。バスの車内は一瞬にして劣化し百年くらいの年月がたったみたく荒れ果てる。僕はとてつもなく寂しくなって外へ飛び出し、腰ほどもある雑草の海の中で空を見上げていた。執念深く追跡してきた刑事がいた。何故か笑福亭鶴瓶だった。ついに追い付いた鶴瓶は、寂れたバスに乗り込んで車窓から草原に立つ脱走犯に細い目を更に細くして感慨深げに眺めている。鶴瓶は何故か冷奴を手に持っていて歯ブラシで豆腐を丁寧に磨いている。道中磨き続けていたのか長く苛酷な道程を思わすかのように、豆腐は磨き抜かれ、ピカピカと光沢を放って大変美しい。

■そんな夢を見たせいか、どうにもこうにも豆腐が食いたくなって昼間スーパーへ行った。店頭にこんなチラシが貼ってある。

080207_12270001_2

「激安日替り ゲリラ市」

080207_12280001_3

しかも「ゲリラ価格」だった。

■吹田市長は悪いやつだけど、市民はこうしてゲリラ戦をしいていて頼もしい。レボリューションはそう遠くない。豆腐一丁39円。戦線は、大阪府吹田市垂水町2-2-31「スーパー三杉屋」にて。うどん一玉19円。さあみんな玉を込めろ!反逆の狼煙はあがっているのだ。

■最近太ったので豆腐ダイエットをしようと思っている。


| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

ミッフィー+taspo+レボリューション

■最近、夜、なんかいつの間にか寝てて、気がついたら朝になっている。どのタイミングで寝たのかさっぱりわからない。泥酔してるからだろうけど、なんか釈然としない。死ぬ時ってこんな感じなんだろうか。このまま寝て起きない感じに近いんじゃないだろうか。他人にとって僕の死はあるけど僕には僕の死はわからない。だって死んでるから。

■昨日寝る前に何をしてたか思い出すと、俺、ミッフィーを探して徘徊してた、、、。というのも、夜中ある女子からの電話で、今ローソンでミッフィーのシールの貼ってある商品を買うとミッフィーの小鉢がもらえるんだけどあと4点たりないから4点分なんか買ってきて、ちなみにシールがついてる商品が売ってるのは今日まで、だからお願いします、というお願いを受けて、酔っぱらった千鳥足で4点のシールのついた商品を買いに外へ出た記憶がある。その後その足でたばこを買おうと思って自販機へ行ったら23時を過ぎていて買えなかった。深夜でもたばこが買える自販機をいくつか知っているけど、そこからは遠かった。何故23時で自販機が閉まるのか、あと、近々自販機でたばこを買うにはそれ専用の身分証のようなものを作らないといけないそうだ。しかも写真入りでだ。たばこの自販機に上等そうな紙で作られた申込書が大量に引っ掛けられているのを見た。たばこを買う事まで管理されなきゃならないのか。バカにされてる気がする。絶対に作らねえ。そんな事を考えながらたばこが買える自販機までフラフラと歩いた記憶がある。

■昨日は僕がずぼらなせいで携帯電話の電池が一日中切れていて、スギムからのメールに気付かなかった。44(ヨッシー)姉さんが東京から一時的に帰ってきてるらしく、44姉さんの仕事場の人やイケチャンと飲むからおいでっていう誘いだった。夜中気付いて電話すると皆もう帰るところのようだった。酔っぱらったスギムが誰かに電話をかわった。「あ、モリッシィ、◯○やけど、前スギムさんと淀屋橋で一緒に飲んだよ、おぼえてる?」憶えてない女子の声がした。「ん? あ、、、久しぶり!」嘘ついた。でも淀屋橋で随分前スギムとその会社の人何人かと飲んだ事は憶えている。ひとしきり軽く喋ったら、もうそろそろ帰って寝るから、と言うので、じゃあ今日は会えなかったので夢で逢いましょう、うん夢で逢いましょう、つって夢でのデートの約束に漕ぎ着けたけど、まったく夢を憶えていないどころか、どのタイミングで自分が寝たのかすらさっぱりわからないありさまで、今日もレボリューションはおこらなかったのでした。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »